趣味で占いをしてみませんか?

占いを趣味でやってみたいという方、初心者でも占いってできるの? - 趣味としての占い

新着情報

▶2015/08/03
趣味としての占いの情報を更新しました。
▶2015/08/03
独立開業してうまくいく確率の情報を更新しました。
▶2015/08/03
弟子入りして占い師になるの情報を更新しました。
▶2015/08/03
本を書いて人を救う占い師の情報を更新しました。
▶2015/08/03
霊感さえあれば占い師になれる?の情報を更新しました。

趣味としての占い

趣味は人の生活を豊かにしてくれます。
仕事が趣味だと言っている人も、実は隠れた趣味を持っていてそうした趣味でストレスを発散しているものです。
最近占いが趣味の一つとして人気を集めています。

■占いは自由に学べる

趣味を始めようとするとついついおっくうで何一つ始められないとおっしゃる方が数多くいます。
考えてみますと趣味を始めようとすれば何らかの道具を用意しなければなりませんし、コツを習得するまでには長い時間がかかると言うこともあります。
一方で占いは本が一つあればすぐにでも始められますし、何よりすぐに実践できます。
友達に「占いをしてあげよう」と言えば話のきっかけにもなりますし、趣味として長く続けられることでしょう。また、占いサイトによって占い師大募集という風に求人を出しているサイトもあります。あなたも占い師になってみませんか?

■暇つぶしにもなる

占いを文として学んでおけば自分のことを占うことが出来ます。
qgfrtrs
簡単な占いを手始めにやってみると意外と暇つぶしになるかもしれません。
また姓名判断や占星術を学んでおけば、つまらない会議の時間中に上司や同僚の名前を占ってこの人は将来こうなるのではという暇つぶしにもなりますね。

■奥が深い趣味として

趣味はたいてい奥が深く、極めるためには長い時間と労力を要します。
この点は占いを趣味にした場合も同じで人を占って「当たった!」という結果が出るまでは長い時間がかかることでしょう。
しかしくじけてはいけません。
趣味の醍醐味というのは時間が長くかかるという所にあるのです。
気長にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
人間は自然界の様々な命をいただいて生きています。
日々のご飯は様々な動物が私たちに命を捧げてくれているからこそ「いただきます」というのです。実は食べ物と占いには密接な関係があることをご存じでしたか?

■古来の日本人と占い

日本では昔から占いを用いて様々な予想を立ててきました。
その中に「今年は豊作になるか否か」を占うものがあります。
今でこそ物流が発達し保管技術も発達したため、大して農業の危機を感じることがないのですが昔は1年間の収穫量如何によって国が滅びる可能性もあったのです。
そこで占いを用いてご飯が今年もおいしく食べられるか、命をつなぐことができるかを予想していたのです。

■文化が占いを作った

また日本だけではなく海外でも同じような理由から占いが数多く登場しています。
食べ物だけではなく天気予報から戦いの時の戦略や戦術を立てるのにも使われてきました。
文化が占いを形成したという側面ももち、文明が発達したところには必ずと言っていいほど占いが存在します。

■伝統芸といってもよい

日本で古来から伝わる占いは現代でも継承されており、実際に行っているところも数多くあります。
まさにこうした文化は伝統芸といってもよいものばかりで、実際に当たるか当たらないかは別としても歴史的な価値があるといえるでしょう。
また現代では様々な占いの方法が開発されています。
そうした占いの方法と、古来から伝わる方法を掛け合わせたおもしろい占いが生まれる日も近いかもしれません。

Copyright(C)2015 趣味で占いをしてみませんか? All Rights Reserved.